振袖を捨てる前にできること

成人式や結婚式などで袖を通した思い出の着物。なかなか着る機会もなく、着付けも難しいので手放そうかと考えることもあるかもしれません。特に振袖は着れる年齢も限られてきます。袖の長い振袖は結婚前の女性が身に着けるのが慣例で、そのためおのずと使用する人間が限られてきます。捨てる前に誰か着てもらえる人を探すのは難しいことではないかもしれません。しかしそれでも見つからない場合はほかの方法を考えなければいけません。まず考えられるのは振袖を普通の着物にリフォームすることです。袖を短くするだけでなく、丈なども直すことができるのでサイズが合わなくて着られないというときにも重宝します。最近では普段でも着物をおしゃれに着こなし、自由な発想で着物を着られる時代ですので着付けなどが得意であればいいかもしれません。それでも柄やデザインなどが好みでない場合もあります。思い切って生地を活かした小物を作ってみるのはどうでしょう。和柄の小物は流行り廃りもありませんのでゆっくり作成することができ、リフォームと違い自分でできるのもいいところです。虫食いなどがある場合も、生地の状態のいい部分だけ選んで切り取ることができるので捨てるような着物でも再利用が可能です。最後の方法は専門の買取り業者に買い取ってもらうことです。着物の状態にもよりますが、よほどいいものでない限りは買い取り金額は微々たるものにしかならないはずです。それでも大量にある場合や、捨てるのは忍びないというときには、どこかで再利用されるのを信じてお願いしてみるのもいいでしょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ