形見の着物の処分方法で悩んだら

不用品の処分となると悩みはつき物ですが、特に形見となる商品は処分が難しいものがあります。
形見の品も指輪や時計など様々な種類がありますが、着物もそのひとつです。
良いものであっても、今は着物を着用できる機会は少ないですし、着用しない場合でも良い状態を保つためには管理が必要です。
そして不要とは思っていても、もともと高価なものは簡単に捨ててしまうというわけにはいきません。

形見の着物の処分で悩んだ場合は買取も検討してみましょう。
買取であれば、また別の人にその着物を利用してもらうことができますし、ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなり有効に活用していくことができます。
そして帯などの小物類も一緒に買い取ってもらうこともできますので、箪笥もすっきりとさせることができます。

新しいものや状態の良いもの、正絹のものは良い価格がつく傾向にありますが、まずは汚れや虫食い、ほつれなどがないか良く確認しておきましょう。
保証書などの書類もあればより確かな査定をしてもらうこともできますので、付属品はできるだけ揃えておきたいところです。

買取の方法は近くにそうしたお店があれば直接持っていくこともできますし、近くにお店がない場合でも出張査定や宅配買取に対応している業者もあります。

そして最近は和服の買取を積極的に行なっている業者も増えていますが、良い価格で買い取ってもらうためには業者選びは大切です。
業者の信頼性や実績はよく調べ、安心して依頼できるお店を選んでいきましょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ