捨てられない母の着物を処分するには

母親の遺品である着物を処分する方法として

一番大変なのは

気持ちの整理です

それが済んでいないなら、

たぶんあなたは、

何らかの理由を頭の中に思い浮かべて

「やりたいんだけど、できないんです」

とおっしゃっていると思います。

それは、もっともらしい理由をつけて

自分の本当の気持ちである

自分の母との思い出の整理が苦痛でしかたないという

胸の奥の本心なのかもしれません。

したくない気持ちを持つ内は母の遺品整理はしない

気持ちを整理していないまま遺品整理をしても

辛いことばかりの整理がさらにつらくなるだけです。

いま、遺品整理をしなくてもいい状況。

例えば、

急ぎで何か家をきれいにしなければいけない。

など

差し迫った問題がない限りはそのままでいましょう。

特に問題ないのなら、現状維持してみなかったことにするのも一つの手なのです。

でも、

もし、

本格的に遺品整理である母の着物を処分しなければいけなくなったとき

自分自身の気持ちに注意しながら整理を少しずつでも初めてください。

コツは、

「絶対」にいらないものを1日1個でもいいので

いえ、

1週間に1個でもいいので処分することです。

それを繰り返していれば、

だんだんと思い石が動き出すかのようにどんどん整理がはかどりだします。

そして、

時間をかけてゆっくり整理しているので、

気持ちの変化も時間が少しずつ解決してくるのです。

まとめて母の着物を処分しなくてはならないときに

ゆっくりと大きな岩が動き出すように

動き出した岩もまた、すぐには止まりません。

どんどん動きが早くなり、あなたは迅速かつスピーディに遺品を整理しだすでしょう

しかし、

最後にぶつかる問題にあなたは頭を悩ませるはずです。

価値のありそうな着物をどうするか?

です。

素人目に見ても、それなりに価値がありそうな着物。

母が大事に着ていたのを子供心に見ていたあなたは

出来ることなら誰かに着てもらいたいと思うはずです。

しかし、

周りを見渡しても着物の知識を豊富に持った知人など皆無であり、

さらに、

着物を買い取ってくれそうな大都市に住んでいないのですから・・・

それなら、一つの選択肢として

「着物宅配買取のヤマトク」という業者で売ることをおススメします。

  ヤマトク公式サイト  

着物宅配買取のヤマトク

着物宅配買取のヤマトクさんは、

着物業界でずっと買取を行っている専門の業者さんで

宅配買取という方法で日本全国から着物だけを専門に買い取っています。

 

宅配買取とは、

ヤマトクさんに買取の申し込みをすると、

自宅に段ボールが届くので、

段ボールに着物に関するものを全て詰め込んで。

着払いで送り返すだけ。

という買取方法です。

 

届いた荷物は、着物鑑定士と呼ばれる年間17,000以上も品物を鑑定している

人たちが正当な評価をつけてくれます。

例え、値段がつかなくてもこちらへ送り返すことはされずそのまま処分してくれます。

もちろん、送り返してもらうこともできます。

 

ここなら、あなたが悩んでいる着物に対して正当な評価を下してくれますし。

あなたにはご縁がなかった着物一つ一つがまた別の人の袖を通すことができるようになります。

 

  ヤマトク公式サイト  

 

母の遺品である着物を処分するのではなく人に譲るという考えで

母の遺品である着物を「捨てる」という言葉はとても悲観的な言葉です。

「捨てる」という言葉自体にあなたはとても不快感を覚えているのではないですか?

子供の頃から、親に物は大切にと言われて育ったのならなおさらです。

その「捨てる」という言葉が

あなたのヤル気に一つのブレーキをかけていることも否めません。

そこで、考え方を少し変えてください。

着物を「捨てる」「処分する」のではなく

着物を「譲る」のです。

それは、

ご縁のなかった着物をあなた以外の世界のどなたかに、

その着物を欲している誰かに着てもらうという考え方です。

あなたは着物を譲り、相手は着物を着ることができる。

さらに、

あなたはその着物に対する正当な価値をもらうこともできます。




いま、

悩んでいる遺品である母の着物を譲るなら今です。

なぜなら、

いまこの瞬間

この記事に目を通している今が

あなたの人生で最も若くやる気になっているときなのですからです。

ここを逃して、

また押し入れにしまい込んでみなかったことにしてしまったら

次は間違いなく年を取ってやる気が今よりもぐっと低くなっているときになります。

そうなったら、

さらにやる気が起きず、さらに見なかったことに・・・

という悪循環になってしまいます。

そうならないためにも、

最も若い今の瞬間に、

あなたのご縁がなかった着物たちを別の方に譲ってあげてください。

その方が、着物自身もきっとうれしいはずです。

 

  詳しくはコチラ  

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ