着物はいくらくらいで買い取ってもらえるの?

着物というと高額なものが多く、親や親戚から譲り受けるなど大切な品物です。ところが、なかなか着る機会もなく、持っていても箪笥のこやしになるということで、着物を売ろうという人も多いようです。実際に古くなった着物はどれくらいの価格で売れるのでしょうか。

売れる着物の価格ですが、その品物にもよりますが、良くて数万円程度と考えるのが良いでしょう。たとえば、20万円で購入した着物で、1万円~2万円の査定がつけば、良しと考えるようにしましょう。着物は需要が少なく、商品価値のあるものは、状態が良く、また、ブランド物や有名作家のもの、それから加賀友禅など特別な染物であるなどの条件がつきます。有名作家の作品であれば、一般の着物の査定価格から1万円~2万円上乗せして査定してもらえる可能性が高いです。

また、有名な織物で、証紙付きであると高く査定をしてもらえます。ある着物買取業者の例を見てみると、伝統的な織物の証紙付きのものであれば、7万円で買い取ってもらえています。ものによっては10万円、20万円ということもあります。こうした着物の高価買取をしてもらえる可能性があるのが、着物買取の専門点です。質屋などではこうした細かい鑑定はしてもらえないので、良いものもかなり安く買われてしまいます。質屋では100分の1以下の価格で買い取るのが一般的なようです。

着物買取専門の業者の中でも、煩わしくないのが宅配です。品物を送って査定をしてもらい、価格に満足がいったら買取をお願いします。金沢の「ヤマトク」は、宅配用の配送キットを送ってくれるので、商品を入れるだけで完了し簡単に売ることができます。


詳細はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ