祖母の着物を処理した方法について

祖母には多くの兄弟や姉妹がいたので様々な服をもらいました。その中には古い時代の着物も含まれていました。家族が困ったのが着物の数が非常に多かったことです。そのために着物を処理する必要がありました。

私は身近なリサイクルショップに着物を売ることを考えました。しかし、こういった古い服は売れないということも分かっていたのです。まずはインターネットで着物の価格を調べてから売る方法を検討しました。すると、インターネットオークションで売るのが効率的だと分かったのです。
実際の祖母の着物は昔の貴重なものが多かったのです。そのため、リサイクルショップでは売れなくてもインターネットオークションなら買い手がいました。私はインターネットオークションのサイトに登録して着物を売りました。祖母の大量の着物はまとめて売ったので価格も高くなったのを覚えています。ここで感じたのが着物を欲しがっているユーザーが多いという現実です。

あまった着物はリサイクルショップに売りに行きました。ここでは高い値段にはならなかったのですが、家族が着物を使わないので売るのが効率的だと思いました。私の考えでは誰かに着てもらえれば良かったのです。着物は殆ど新品に近い状態でしたが、中には時代のせいで臭いがある品物もありました。それらの大量の着物をリサイクルショップで売れたのは幸運なことです。

それでも着物が僅かに残ったので親戚にあげました。親戚には子供がいたのでリメイクでもしてくれれば幸いでした。着物は生地が最高なのでリサイクルするためには便利です。実際には生地だけを切り取って別の服に合わせるのです。家族も最後の着物をそういった方法で処理していきました。
今でも着物は日本を代表する服装だと思います。しかし、これらを処理するためには様々な工夫が必要になります。私は売る方法やリサイクルする手段をここで勉強しました。着物にとって最も良いのは子供たちに着てもらうことです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ