遺品整理で出てきた着物をリサイクル

私自身は全く着物に関して興味は無いのですが、私の祖母はとても着物が好きな人でした。
そんな祖母も亡くなり家族で遺品整理を行った訳ですが、その際に沢山の着物が出てきました。
恐らくざっと20枚程度はあったかと思うのですが、その着物を前に困ったのが処分方法です。
家族や親戚に着物が好きという人がいれば良いのですが、あいにく着物が好きな人はいません。
その為、ごみに出してしまおうという案もあったのですが、しかしながら簡単にはなかなか捨てる事ができませんよね。
だからといって誰も利用しない着物を保管しておくのも場所を取りますし、着物の保管方法は難しいと聞いた事もありますので、状態を悪くしてしまうのも心配でした。

そこで考えたのがリサイクルに出す事ですが、ただ着物は案外買取ってくれないものなんですね。
近くにリサイクルショップが何件がありますので回ってみたのですが、買取をしてくれないとの事でした。
それならと思い私が利用してみたのが着物の宅配買取です。
宅配買取はよく本やCDなんかを売る時に利用していましたし、着物の買取をしてくれる業者がある事も知っていました。
いくらになるのか予想もつきませんでしたが、単にごみとして捨てるよりはリサイクルになった方が良いだろうと思って送ってみた次第です。
因みに私が利用した買取業者は送る際の送料が無料でしたし、もしキャンセルで返送をしてもらう際にも送料無料との事でしたので気軽に利用する事ができましたね。
送ってから待つ事2日、業者の方から連絡が入ってきたのですが、買取価格はざっと2万円程度でした。

20着程度もの着物を送り、買取価格が2万円ですので正直安過ぎると思ったのですが、でも売れただけ良しという気持ちもありました。
ただ、買取価格が安いのには理由があり、まず証紙がないとどうしても価格は安くなるという事でした。
証紙というのは産地を証明する為の紙切れだったり生地の切れ端の事のようですが、それが無いと安くなると言われました。
また、状態もすこぶる良いという訳でもありませんでしたのでそれも安値になった理由です。
思ったよりも安く売る事になった訳ですが、でもリサイクルになりますし、今もどこかで役立っているのなら本望です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ