形見の着物をリサイクル着物で必要な人へ

昔の人なら必ず必要だった着物も、現在は好きな人、特定の職業の人など、ある程度決まった方に必要なもの、という印象を持つようになっています。
私の祖母から降りてきた形見の着物も相当にあるのですが、実の娘である母が全く着ない、私もお茶とか踊りをしているのなら必要でしょうがそれもなく、
しかも、昔、踊りをしていたものの今は全くしなくなり、着物だけが残ってしまった私の母親の着物までが家のタンスにしまわれているのです。
友人は、キロいくら、とかのリサイクルショップに着るものをビニール袋につめて持っていったと言っていましたが、着物はただでさえ高価なもので、
出来ればこれを次に生かしてもらえないだろうかと思ったのです。
そうかと言って、通常のリサイクルショップは着物の取り扱いが初めからないところが多く、私も何箇所も回り、電話もし、結局は着物関係のリサイクルショップを
見つけ、交渉することになりました。
一つは骨董屋さんで着物を多く扱っているところです。ここは他のところが男物のウールだからね、と、引き取ってもくれなかったものでも格安ではありますが
買いとってくれたところです。
着物屋さんがやっているリサイクル着物のお店も何軒か行きました。若い人でスターターで、高い着物を初めから着られない、そこでリサイクル着物、ということで
需要があるらしく、ここでの買取も依頼しました。
その他、昔ながらの質屋さんという方法があるのですが、最近は、反物は受けられないと言われ、仕立てする費用だけが余分にかかるからと言うことがわかりました。
仕立て上がりだったら良いと言うものでもなく、大島紬などの高価な物は比較的高価買取はしていただけますが、その他はあまりお金になりません。
大島のような高価なものはそんなに残してもらえる物ではないので、その他のものをまとめていくら、と言う感じで買取してもらいました。
どうか、それを手にする人に役立ててもらえますように、という気持ちです。
そして残ったものは、自分でバッグや、小物をつくって楽しんでいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ