祖母の古くなった着物の処分について

本当に困りますよね、着物の処分。私の祖母の着物は殆どを「たんす屋」とかのリサイクルに持って帰ってもらいましたが、タダ同然です。帯揚げ等の小物は引き取ってもらえませんでした。大柄な人の着物は、人気が有るようですよ。数十年前の大柄な人の着物が今の人には、ちょうど良いみたいです。それでも、私は、祖母の“花嫁衣装の丸帯”は帯芯を入れ替えてもらい、私の娘の袋帯にしてもらいました。文庫帯に結ぶとレトロで良かったですよ。鳳凰の柄だったので“御めでたい席”にはピッタリでした。もうひとつ、祖母の鮫小紋は、傷んだ裏生地を新しくしてもらい、私の着物に仕立て直しました。これも、今のモダンな帯に合わすと凄く素敵です。着物や帯をドンドン増やせないので、残したのは、それぐらいでツラいですけど処分同然でした。木綿の着物は、思い切って、コースターやランチョンマットにしました。これも、お気に入りです。あと、額に入れて飾ってあるのも有ります。それと、娘の結婚式の時に着た私の“留袖”は、母の留袖を仕立て直したものです。私の留袖は、何故かシミが酷く着られる状態ではなく、母が高齢で洋服で出席するため急遽仕立て直しをしました。借りた方が断然安いのですが、着なければ処分するしかないですからね。せっかくの着物です。着られる機会が有れば、何とかしたいです。それでも、私の嫁入り道具の着物たちも出番が無い物が殆どですよね。羽織やコート、絵羽織なんてどうしましょう?訪問着と小紋は一枚ずつ娘の結婚の時に仕立て直して持たせました。子供ができた時に、お宮参りに使ってくれたらと思ってます。白大島は、洋服のお洒落着に縫い直そうかと考えてます。ただ、着物はシルクなので汚した時が大変なんですよね。もう少し経てば、子供達が処分に困らない様に、母と着物の整理をしようと考えてます。小物に縫い直せるもの、何とか仕立て直しをすれば、年とってからも着れる物、その他の和服は、悲しいけれどリサイクルに引き取ってもらうしかないでしょうね。パッチワークを趣味にしてる人がいれば、古い着物の端切れは喜んでくれるらしいので“ゆずります”のコーナーとかに掲載してもらっても良いですね。大事な着物ですもの、少しでも活かしたいです。



サブコンテンツ

このページの先頭へ