遺品整理の着物処分に価値は期待できない

亡くなった義母さんとお婆ちゃんの着物が家に沢山あり、このまま置いておいても誰もその着物を着用しないということで処分しようという話になりました。ごみとして廃棄してしまうという手もありましたが、おそらくそれなりのお金を出して購入したであろう品々だったため捨ててしまうよりは少しでもお金になったほうがと思いリサイクルショップを探すことになりました。今回お願いしたい着物の数はとても多かったので持ち込みで行くことは難しく、出張買取をしてくれそうなところをネットで探し良さそうな業者さんに自宅まで来てもらいました。
山のようにある着物を一着づつ業者さんは見ますがどうも浮かない顔。着物を普段着用することもなく、知識もない私には全く分かりませんが、着物の柄やその織り方にも流行があったり、今回お願いする着物は着用していた人が小柄な人たちだったため着丈や袖丈が短くなかなかそのまま販売できるというものではなかったからだそうです。購入した当時、価格が高くても時期が過ぎてしまえば価値が落ちてしまうし、着物は仕立てをしているのでサイズが現代の人とかけ離れてしまっていると価値がないものになってしまうということを初めて知りました。
数点は買取ということで金額を付けていただきましたが、ほとんどのものは価値がないということでお金にはなりませんでした。不用品ということであれば引き取りはしてもらえるということだったので、結局家に残ってしまってもまたゴミとして出す手間や一旦箪笥から出してしまったものをまた片づけなくてはならない手間というものを考え引き取ってもらうことにしました。
ハッキリ言って購入した時は高価だった着物も全く価値はなくお金にはなりませんでした。処分することが楽になったということだけでした。何か他のものに作りかえて利用できたらとも思いますがそれもなかなか難しいのでこういった形にはなってしまったけれど処分して家の中をスッキリとさせることができて良かったと思っています。



サブコンテンツ

このページの先頭へ