母の形見の着物処分をどうしよう

 母の遺品に着物が沢山ありましたが、形見分けでも流石に着物をほしいと言われる方がなく、処分することに決めました。
しかしゴミとして捨てるにはもったいない位の良いものだったので、取り敢えず近所のリサイクルショップに持ち込みました。
 私自身着物を着た経験もないし見立ても分からないけれど、小さいときに母が「この着物は結構良いものなんよ」と言っていた記憶があったので、いくら何十年前の物とは言え安くとも一枚1000円くらいで買い取ってくれると思っていました。
 けれど査定額を聞いてびっくりしました。
一枚100円だったのです。お店の人曰く「今着物の需要が少なく、着物を使って小物などを作るために端切れとして買われる方しかいない」らしいのです。
 結局その時は買い取ってもらわずに持ち帰ることにしました。
おそらく、どこのリサイクルショップに持ち込んでも同じことを言われるだろうと思い、ネットで「着物専門買い取り」で検索してみました。
 私の住んでいる町は古い町なので、中古着物を取り扱う専門のお店が結構あることが分かりました。
なるべく近くで探したところ、買い取り出張を無料でしてくれるとの事でした。
HPには「着物専門買い取りなので、着物の良しあしが分かる者がちゃんとお見立てします」と書いてあったので出張見積もりをお願いすることにしました。
 電話をしたら直ぐに来てくれました。
母の着物関係(帯、帯紐など)のものを全て出して一枚一枚丁寧に見てくれました。
「これはとっても良い物ですね。お母様も大切に保存されていたようで、色あせもなく古いお着物としては状態はかなり良いですよ」と言っていただき母を褒めて貰っているようで凄く嬉しかったです。
 すべての物を丁寧に見て貰った後に見積もりを出してくれました。ひとつひとつ説明しながら金額を提示してくれて、中には「そんなに高額で引き取って貰えるの?」と思うくらいのものもありました。
 最後に見積もりをしてくださった方が「当店ではこのように大切に着てこられたお着物を、ぜひ着たいとおっしゃるお客様にお売りしております。着物は今の服とは違い大切にすれば何百年も受け継がれて行く物だと思います。お母様の大切な思いも私たちが受け継ぐお手伝いができたかと思っております。今日はありがとうございました。」と言って下さいました。
その言葉を聞いたとき、こちらに引き取って貰ってよかったと思いました。母の供養になったような気がします。



サブコンテンツ

このページの先頭へ