母の遺品の着物の断捨離

この間、母が嫁入り道具として持ってきた着物を、かなりバッサリと捨てました。
最初はかなり迷っていたようです。
しかし、現代は洋服の生活で、着物を着る機会はほとんどありません。
ほとんど、というより、全くないといった方が正しいかもしれません。
母は着付けも自分でできないので、普段からきものを着るということも、ありません。
それで、近所の友人たちにいろいろ相談していました。
皆さん、家をリフォームする時に、着物をバッサリ捨てたという方もいれば、
気に入っている着物だけ、リフォームしてワンピースにしたという方もいらっしゃいました。
それと、着物の生地でバッグなど小物を作っている方に、古い着物をあげた、という方もいらっしゃいました。
どれも、良い方法だと思います。
皆さん、処分して、すっきりした顔をされていたようです。
さて、母の着物は、母の母、つまり私の祖母が作ってくれた着物ですが、
家には桐の箪笥がないためか、ほとんどの着物にシミがついています。
悲しいことに、一度も着ていない着物にも、シミがついているのです。
染み抜きをしてまで、これらの着物を着るか…と言われたら、答えはNOです。
染み抜きは非常に高価で、たくさんの着物を染み抜きに出すわけにはいきません。
しかも、染み抜きをしても、次にまた、新しいシミができてきます。
いろいろ迷った挙句、母は、必要性のない着物から、どんどん捨てていきました。
「今日は、着物捨てたわ。」と言う母の顔は、むしろすっきりしていました。
これが断捨離でしょうか。
お嫁入りの時に、親に作ってもらった着物を捨てるのは、とても勇気がいったと思うのですが、
残しておいても、それこそ箪笥のこやしになるだけです。
他にも良い点がありました。
箪笥に空きスペースができて、ゆったりと、他の洋服を入れることができるようになりました。
これはうれしい点ですね。
気に入っている着物や、しみのついていない着物は、まだ置いてあるようです。
これはうちの母のケースですが、母は断捨離して良かったようです。



サブコンテンツ

このページの先頭へ