インターネットオークションで着物を処分しました。

田舎の親戚のひとりが着物好きな人だったそうで、私が子供の頃からずっと「いつか着られるだろうから」と着物を買ってくれていたらしいです。しかし母も私もあまり着物に興味が無いため、もらった着物や小物は私が大人になってもタンスに仕舞いっぱなしになっていました。それらの着物は、結婚する際の嫁入り道具代わりに何枚も持たされました。しかし正直、数十年前に贈られた着物なので、柄は少し古臭い感じがしますし、色合いが好みでないものもあります。趣味に合わないですし、着物を着るような機会もなく死蔵してしまっていました。
ずっと置いておくのも勿体無いような気がして、母に許可を得てリサイクルショップに持ち込むことにしました。3枚持ち込んで、それぞれに数百円の値がつきました。京都のリサイクルショップに持ち込みましたので、着物の需要が他の地域に比べてやや高いために、多少は値段に色をつけてもらえたのかもしれません。しかし、購入価格は知りませんが、あまり高額で売れず、リサイクルショップへの持ち込みはあまりお得感がないと思いました。
他の着物や帯や小物は、インターネットオークションに出品してみることにしました。中には色あせや虫食いのものもあり「難あり」と注釈をつけて出品しましたが、そういったものでも1点につき数百円から千円程度で売ることができました。一番良い値が付いたものは着物用のコートで、これには4000円近い値がつきましたので驚きました。色合いの合う着物と帯をセットで出品したものなども、3500円程度で落札してもらうことができました。柄が多少古いものでも、今はレトロ可愛いアイテムが流行っているためなのか、意外と入札がありました。落札者にも「好みの品物をゆずってもらうことができ満足です」「着物は仕事で着るので助かります」などの感謝の言葉をいただけたので良かったなと思います。
インターネットオークションで着物を処分すると、その着物の柄や色合いを好む人の手に渡りやすいですし、よほどのものでなければそれ相応の値段がつくのでおすすめです。私が死蔵させていた着物が、本当に着たいと思う人たちの手に渡ったので、良かったと思います。



サブコンテンツ

このページの先頭へ