捨てられない母の着物の処分方法

なかなか捨てられない物のひとつに亡くなった母の着物があります。
無理に処分しても後々心が痛みそうです。
かといって確実に着ないと思われる着物でタンスが埋まっているのももったいない気持ちになります。
このような時にはリサイクルを考えます。
次に喜んで使っていただける方にお譲りすれば、母も、母の着物も喜んでくれるはずです。
「処分することは捨てること」と考えると心が痛みますが、他の方にお譲りすると言う方法は捨てることにはなりません。

着物は、本来ほどいて反物の状態にしてから洗ったり、仕立て直したり出来るように作られている大変機能的な衣服です。
綺麗に解いて、自分のサイズに仕立て直すという方法もあります。
母の着物を自分で着られるのですから、こんなに素敵なことはありません。

どうしても着物としては使わないだろうという場合は、ほどいて反物にした後、お好きな物を作るのがおすすめです。
最近はスーパーにお買い物に行くにもマイバッグが必要です。
着物の綺麗なところを使ってお洒落なバッグに仕立ててみるのも素敵です。
虫食いや、汚れがある場合はそれを避けて作るよう気をつけます。
お好きな布を使って、がま口財布や化粧ポーチを作ってくれる業者さんもあります。
お裁縫に自信の無い方は、業者さんにお任せして作ってみるとびっくりするほど綺麗に着物の生地がよみがえります。

処分することは捨てること、とお考えになる前にせっかくの美しい着物を生かすことを考えると、タンスの片付けも楽しくなります。



サブコンテンツ

このページの先頭へ