着物売るなら、まず気になるのが、質屋と買い取り業者の何方が得?ということでしょう。

箪笥の肥やしとして代表的なものが和服です。最近では、お正月を着物姿で迎える人もわずかになりました。三が日に、街を歩いていても、晴れ着姿の方に出会うチャンスが少ない現状です。それでも、七五三や成人式などの行事には、和服文化は生きています。レンタルが主流になった感じは否めませんが、振袖を新調する女性も毎年少なからずいるようです。また、親から譲り受けた和服を箪笥に何着か抱えている家も多いはずです。和服の手入れは簡単ではありません。季節ごとに虫干しをするなでの手間を考えると、思い切って着物売るのも一つの選択でしょう。着物売るときに、まず思いつくのは、質屋と買い取り業者です。自宅で保存するよりも、質屋に預けておいたほうが状態を良く保てると、高価な毛皮や和服を一定期間質入する人もいます。ただ、現金化が目的の人にとっては、質屋と買い取り業者の査定額がどのくらいになり、何方が得?かということが最大の関心事でしょう。一般的に、質流れを覚悟しての借入金額は、自分が考えているよりも少ないのが正直なところでしょう。着物売るさいの査定額に影響するのが、サイズです。昔の方の着物は、身長がネックになることがあります。日本人の若者の身長が伸びたために、サイズが小さめのものは、買い手がつきにくく、二束三文になりがちです。
質屋と買い取り業者のどちらも、着物や帯だけでなく、着付けに必要な小物や草履にバッグなどもセットにすると査定額をプラスにしてくれるようです。何方が得?かは、いくつかの業者に問い合わせて見積もりを取ると良いでしょう。購入金額よりかなり低くなるのは覚悟して、何方が得?かを自分の目で確かめましょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ